« じ~っと | トップページ | 向こう側1 »

2007/06/08

さよならの向こう側?

「いってらいしゃーい、とーいとこなの? どんなとこなの?」

「何億光年も輝く星があるんだよ、カイ」

「どこからみえるの?」

「カイにも見えるよ、何処からでも見えるんだよ!」

「ふ~ん、じゃお父さんとみとくね。はやく、かえってきてね。

こんやは、お父さんがかえってくるまで、ひとりでイイコにしとくネ」

07060603

「大丈夫? イイコだね」

「たのしかったこと、おもいだしながらネとくから、イイヨ」

0706081

「涼しそうだね、カイ。 じゃ、行ってきます」

「・・・・・」

    

そういえば、随分ながい間、外遊びしてないぞ!

あ~身体が鈍る。

しばらく、「ひとりと一匹」になります。 誰かお世話を!求む。

(「ヤマでネるお」の食事関係)

コメントいただきます。 お返事は遠くの☆からでもできるのよん!

相方

   

|

« じ~っと | トップページ | 向こう側1 »

コメント

ひとりと一匹さま。
どうかよい子でお留守番をね。

お得意の料理や、カイ君のお世話をお忙しの
ダーさまがこなすことができるようお祈りしてます。

もう、雪景色が懐かしい。
でも、すぐなんだこっちはね。
ふふっ。短い夏を存分に楽しみます。
そちらは地獄の暑さが待ってますね。
どうぞ、いろいろお気をつけて。んね。
素適な相方さんでいつもいてね。
グチグチ言うワタシと違うから尊敬。
あ、もしグチグチあったらこそこそどうぞ。
いつでもどんとこいだよーん。
何せ、亀の甲より年の功。ざんす。うふ。

投稿: 裏香織 | 2007/06/08 19:23

今日は また 一段とお忙しいので ブログはお休みだと、思い込んでおりました。更新 ありがとうございます。
カイ君 偉いね。カイ君の思い出や空想は 全て 純白な雪の如く 清らかで 美しいねー。このまま 純でいてね。

おうちのことが気になるでしょうが、たまには 何もかも 忘れて 羽を休めて くださいね。
あー コメント返しも ゆっくりでいいですから、のんびりされてください。山椒の香りを一日じゅう 満喫しております。いいー香りですね。
ありがとう。

投稿: qchan | 2007/06/08 19:39

あー、雪だ。いつか、柚にも見せてあげたいなぁ。
こちらはまったく降りませんので。温暖そのもの。
人間も犬も、ゆる~く育つのも仕方なし。

オカズ食いの姐さんなので、すでに山椒ちりめん残り少なです。
作ってみるか、自分で。山椒もいただいた事だし。

オカーヤンがえらく感動しておりました。
「たねや」大好き家族なので。
いきさつを話したので、ブログやってる事はバレました。えへ。

投稿: yuzu姐 | 2007/06/08 20:26

こんばんは、おでかけですか。私もおでかけしております。神戸に親戚の結婚式で。ケーキとパンがおいしい!味わってます。街並みや昔のお家が洋風で素敵です。神戸の人親切な上にファッションのオシャレ度高いです。ステキセンス!
カイ君の後ろ姿と雪、涼しげです。涼をありがとうです。私作の山椒は醤油をこがして香り少しこげです。まぁ…(笑)私作でもやってはみます(^^)

投稿: こまさ | 2007/06/08 22:20

翌日となってしまいました。その日の事は、その日の内に
なんて、昔の人は偉かった。
コメントありがとうございます。嬉しいです。

>裏香織さま
「ひとりと一匹」への気遣いを、どうもありがとう。
強引に気遣わせた感じですが。
季節の移り変わりはホントに早く、この勢いで年取るのですね。
年の功、発揮できるように、相方がんばる!
ブログ更新、たのしみです。 

>qchanさま
こっち、関西とおんなじ、むしろ涼しいくらいで、何故?
日本海側の気候、北陸の南と思うべし、だと。
忙しいというか、バタバタしてしもて、相方にしては二日も
丸コメ休んでしまった、有給にしてもらわんと。
更新、楽しみにしてますね。

>yuzu姐さま
ホントにちょっとですいません。
と、いうことは、突いて楽しむ夏の和菓子、ご存知でしたか!
あれは、けっこう喜んでもらえるようなので、良く使わせてもらいます。
柚と一緒に雪遊び、いつか、ご一緒しましょうね。熱烈おさそい。
普通の年は、1・2・3月と滋賀の山では雪遊び可! えへっ!

>こまさ様
神戸~~泣いてどうなるのか~♪ 古すぎて思い出せません・・・
ちょうど姉が学生時代、神戸だったので、時々遊びにいきました。
その頃は、憧れがいっぱいだったのです。が、
大人になってから、仕事がらみで毎日行かねばならぬ、といったイメージで。最近は行くこともなくなって、残念です。
トーアロード、素敵な響きだ、しばし昔を懐かしむ。
甘とうがらし(万願寺とうがらし、あるいは長とうがらし)と煮てください、いけますよ。

投稿: 相方 | 2007/06/09 01:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さよならの向こう側?:

« じ~っと | トップページ | 向こう側1 »